リース | 秋の草花のリースを作りました✨

リース
秋のリースの拡大

秋の草花のリース作りました✨

秋は何色ですか?

人によって、季節で感じる色というのは、色々あります。

春ならどうでしょう?

桜咲くピンク色?

菜の花の黄色?

 

夏ならどうでしょう?

ひまわりの黄色?

海のブルー?

空の雲の色?

 

秋は、何色ですか?

秋は紅葉の色で赤や茶色、というかたもいらっしゃいます。

リンドウの咲く紫。

オミナエシの黄色。

色々ですね。

 

今回のリースは黄色やピンクのすこしオレンジがかった暖かいピンク。

ディスバッドマムの茶色に近いオレンジ。

そして秋の草花の色を足しました。

 

このリースの作る着想は、この秋の色というテーマから入ったのです。

イメージとして、暖かいピンク~アプリコット~オレンジ~黄色~茶色とイメージして。

リース
秋のリースのシチュエーション写真

まずリースベースに葉っぱをいれます。

今回はコチナス(スモークツリーの葉)をいれましたが、ディアボロ(銅葉シモツケ)でもいいと思います。

そこに、大きな花のディスバッド、リシアンサスを入れ全体のバランスを取ります。

その後、秋の季節の花を入れていきます。

オミナエシ、フジバカマ、ワレモコウ、ケイトウ。

ちなみにオミナエシ、フジバカマは秋の七草ですね。

秋に華やかに飾れるリースをどうぞ。

【↓BASEからご購入いただけます↓】

https://maisonfleuri.shopselect.net/items/67118030

2022敬老の日商品ラインナップ追加

敬老の日のギフトの商品をちょっとずつリリースし始めました!

今年は、母の日以来、ボックスアレンジメントをずっと一押し商品でメインシリーズとして販売してきました。

ですから、敬老の日も敬老の日っぽいシリーズを追加いたします!

その名も「ペールピュア for 敬老の日」

ちょっとカッコ悪いかな?(笑)

いやいや、やっぱりわかりやすいのがいいですよね。

「ペールピュア」はフランス語で純粋にペールトーンという意味です。

ペールとは淡い色合い、という意味でメゾンフルーリ二子玉川本店の商品のベースになっているものがやはり「優しさ」

それを表現するのに「優しい色の花合わせ」というシリーズなのです。

商品のご紹介は随時致します。

が、今日は、今年の敬老の日のメインビジュアルをご紹介!

ポスターやチラシなどのお客様に見える販促物はけっこうこだわって作ってきました。

雑誌の表紙のようなスタイルです敬老の日

これを見て、もし頼みたいな、と思ったら↓こちらのリンクから

maison fleurie BASE店

よろしくお願いいたします!

WEBショップ「メゾンフルーリBASE店」リニューアルのお知らせ

こんにちは。

メゾンフルーリのBASE店はサイトをリニューアルしました!

商品の画像も徐々に更新していきます。

新しい写真を取り直しました

今回のリニューアルの最大のポイントは、写真の入れ替えです。

お洒落なメゾンフルーリのInstagramと連動しておりますが、ショッピングページの写真は従来のまま。

ですので、すこしずつページの更新をしていこうと思っております。

そんなbefore – afterを写真ならべてみます。

今回はひまわりのブリキポットのブーケです。

それでは↓

こちらがbefore

そして、afterその①
↓afterその②
①は初夏のひまわりのブリキポット
②は晩夏のひまわりのブリキポット

商品の説明

 ひまわりは実は色幅があります。
 クリーム色からレモン色、ライトイエロー、マンゴー色、オレンジ、黄色に茶色のバイカラー、赤茶色、黒茶色などです。
 メゾンフルーリBASE店のこのひまわりのブリキポットの商品は季節により混ぜる色合いを変えています。
 たとえば、初夏の頃は、ライトイエローや芯が青い花を束ねます。
 そして夏から秋へ季節が入れ替わるときは、茶色っぽい色のヒマワリと実ものを混ぜたりして季節感を出します。
 ひまわりの花束と花器を一緒にお届けしたいというスタッフのアイデアから生まれた人気商品です。
 花束としてそのままポットに入れて飾っても良いです。
 またティンポットを花瓶として楽しむこともできるという商品です。
 9月いっぱいまでの季節商品ですので、販売期間が終了しないうちにお買い求めください。
こちらの写真の商品は↓こちらのリンクから。